あなたの心にウイルスが感染していませんか?

自分に必要な事、今だから見つける事ができます。

自分自身を今なら見つめる事ができます。

キレイと健康を手に入れるお手伝いさせて頂きます。

KIREI MAKE (キレイメイク)

心身共に健康でいられるように、

いつもキレイを続けたい人に、

マイナス5歳をめざす人に!

日常でできる美ケア自分自身できることを実践し思考を変えていく事を目的に情報を記載しております!


◇美を左右している血液

◯血液の役割を知らずに美はつくれない!

血液は私達のカラダの水分を保ち(保湿)

・女性は水分量が少ないと肌に影響を与える

・乾燥肌は、しわの原因に。。。

①届ける(酸素・栄養・ホルモン)

②回収する(老廃物・二酸化炭素)

③体温の維持調節

人のからだの60%~70%が水分である、血液中では血漿の約9割が水!栄養を全身に巡らせ体温調節を行い、生命活動に必要不可欠なもの!

④カラダを守る(免疫力)

「常に細菌やウイルスと戦っている」

カラダの中を流れる血液の凄さとは

血管を1本に繋げると約10万キロメートルの長さと言われています。実に地球の約2周半!

「想像がつかない距離。。」

そして心臓を出た血液は、1分間で全身の血管をめぐりまた心臓にかえっていく。

心臓から送り出された血液が体内を1周して戻ってくる時間は約1分、血液は私たちの生命線であり生命線でもある血液は、新しく生まれ変わるのに

「4ヶ月が目安」である事ご存知ですか?

血液は、赤血球が骨髄で生まれて全身をめぐり、

最後に脾臓(ひぞう)で壊されるまでが120日

血流を良くする時に大切なのが

「つくる・増やす・流す」の順番を守ることからです。

血液から変えようと思ったら、、、

3ヶ月から4ヶ月は継続することが必要です!

>隠れ貧血

血液を作り出すには食事が重要である!

①口の中でかみ砕かれた食べ物は

②食道を通過し胃に入ってクリーム状になり

③小腸に送られ、消化液と混ぜ合わされて消化

④大部分は、小腸を通る間に吸収される

⑤吸収され栄養素が血液にのって体内の細胞へ運ばれる

これがカラダの活力となり小腸から大腸に未消化の食べ物が送り込まれ水分を吸収された後の残りが便として排出されます。

「デトックスと言えば便を出す事!!」腸セラピーへ→

そもそも胃腸の調子が良くないと、血をつくることができません、そして腸内環境が悪ければ良い血液も回りません。まず腸内環境と整え、食事の改善から取り組む事が大切なのです。

また、女性がキレイになるために必要とされているコラーゲンも飲むだけではダメなのです!

「飲むコラーゲンなど話題がありますが・・・」

コラーゲンは、一度胃腸でアミノ酸に分解されてから

体内で吸収、再合成されるただ飲むだけではだめなのです!他の成分と一緒に摂取するが必要です。

また、再合成の際に鉄が必要となります鉄分の最大の貯蔵庫は血液です!コラーゲンを飲んでも血が不足していればコラーゲンの再合成ができない!

消化吸収する腸内環境も良い状態でないとうまく働かないのです、規則正しい生活、バランスの取れた食事がキレイになるために必要なのです。そして鉄分不足も冷えの原因に・・・

体内の鉄は、その約70%が血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分の一つ約25%は肝臓で貯蔵されている。ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき肺から体のすみずみまで運んでいます。

赤血球が少ないと、酸素を運ぶ力が弱くなることから冷えなどを起こすそうですよ!

 

腸と水はこちら→

◇マイナス5歳の原点!

人は、60兆個の細胞で構成されできています。

ピークは25歳と言われています。

25歳を過ぎると毎日10億個の細胞が減っているのです(〃ω〃)

 

細胞の減少は、、、老化現象

その細胞をコントロールしているのは「DMA」

 DNAは、紫外線やストレスから発生する活性酸素により損傷を受けているのです。

 「呼吸だけでも活性酸素は発生してるんですよ」

 

活性酸素を撃退するのには、

「抗酸化を高めるのがよい」

睡眠で抗酸化力を高めることもできまうが

こちら→

 

◇女性ホルモンと更年期

◇ターンオーバーとは?

よく聞くターンオーバーとは、表皮で起こる新陳代謝のことでその過程を角化と言われています。表皮では新しく作られた細胞が角化しながら姿を変え役割を果たしながら最後は垢となって剥がれ落ち肌が生まれ変わる仕組みです。

◇女性ホルモン

美容ホルモン↓エストロゲンは最強の抗酸化物質

→最近では、幸せホルモンセロトニンは、エストロゲンと同じ動きをすると言われています。。

母のホルモンとも言われるプロゲステロンは、妊娠しやすいカラタを作り出産までまもる。

ただ、

60歳になるとほとんど全ての女性の卵巣から

出る女性ホルモンはゼロになるのです。抗酸化作用も低下してしまうのです。

他女性ホルモンの役割は、

・自律神経のバランスを整え

・皮膚の潤いや弾力を保っている

他血液、脳機能、骨を助けています。

そこで、コントロールしているのは脳です!

脳の視床下部で分泌の指示をだしています。

ストレスの影響を強く受けてしまう場所でも

あります。

また、栄養不足や睡眠のしつかの低下などの異常を脳が感じると、、、

余裕がなくなりエストロゲンの分泌を止めてします。

美容ホルモンエストロゲンが届かないことで、、 

不調や老化のサインとなり、負のスパイラルを招きます。 減少は食い止められないけども

ゆっくりさせたり、不調に対応する方法はあります。 

自身の生活を見直してみてください。

睡眠不足や不規則な生活から脱出し規則正しくです!

★生理前PMS対策にハーブティを★

ピクノジェノールとも呼ばれるフランスの海岸樹皮も使用!女性のためのサプリメントハーブティ!

◇コラーゲンの役割

私達のカラダはコラーゲンでできている?!

【髪】

髪をつくりだす毛母細胞の健康はコラーゲンが影響

【皮膚】

真皮の約70%はコラーゲン

【目】

角膜にコラーゲンが多く含まれる

【歯】

歯茎の約60%はコラーゲン、弾力と潤いを保つ

【血管】 

コラーゲンが血管壁に柔軟性を与える

【内臓】

各臓器を保護している

【骨】

強くしなやかな骨をつくる

【関節】

軟骨はコラーゲンが主要成分

【アキレス腱】

80%がコラーゲンで骨と筋肉をつなぐ

◇コラーゲンはタンパク質摂取とビタミンCの摂取が必要!

食事で摂取したタンパク質がカラダに吸収されアミノ酸い分解され、アミノ酸は腸内に吸収され、骨や筋肉、内臓皮膚などタンパク質で出来ている部分に再合成されている。

 

コラーゲンで再合成される際に必要な酵素の働きを助ける大事な役割を持っているのがビタミンCです。ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成もされない。。。

コラーゲンのみ摂取しても、、他にビタミンCなども一緒にどうぞ!

みかん、キウイ、レモン、柿、イチゴ、グレープフルーツ、ザクロ、カムカムなど一緒に!



◇今必要な!インナーサプリ紹介

キレイの元は「内面ビューティー!!」

様々なインナーサプリメントから自分に合った商品を手にしませんか?

★早ければ翌日違いを感じてしまう★

10年以上も愛されるサプリ

みずみずしい素肌がよみがえる!

低分子マリンコラーゲン今なら定期購入がお得です

↓↓今SNSでも話題↓↓

☆Wコラーゲン&乳酸菌

ベビーコラーゲン・コラーゲントリペプチド

赤ちゃん肌を目指しながら便秘も改善!!

★次世代スキンケア★

飲むだけで全身の水分を逃しにくくする

乾燥肌でお悩みの方必見!!カカトも潤う!

「スキンケアするトクホ」

↓↓TVや雑誌で話題・男性ユーザーもいる↓↓

摂取するだけではなく

美容成分(Ⅲ型コラーゲン・プロテオグリカン)を作り出す働きをする美容ドリンクです!

↓↓1500万の肌データから研究した↓↓

スキンケアだけで物足りない、内外でキレイを目指す方に質の良い美容成分をたくさん取り入れたサプリメント!

一度で摂取したい!!

↓↓日本初♪機能性表示コラーゲンドリンク↓↓

肌の潤いを保つ魚由来低分子コラーゲンペプチド

冷えで低下した抹消血流を整えるポリフェノール

☆まずはお試しからどうぞ→



◇話題の肌ケア商品紹介

★今話題の再生医療研究から生まれた!!

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス美容液

★デリケートゾーンの黒ずみかゆみケア

見えない部分もケアするのが、今の女子の基本!

★赤ら顔&エイジングケア商品

4種類の和漢とヒト幹細胞配合化粧水



◇ダイエットコラム

10代成熟期 148センチ 47キロ 陸上部

 

背が低いのは、、変えられないが。。。

体重は頑張れば減らせると何の根拠もない知識もないままに食事制限を開始した高校時代。

 

最初に減らしたのは、、昼ごはんでした。

通称:昼抜きダイエット

朝ごはんは普通に食べ、昼は無し、夜ご飯はおかずのみの生活

 

かれこれ2ヶ月続けたら、、、5キロ減↓

毎日毎日ただ、ただ体重を確認するのが楽しみでした。

 

夏に突入し、減っている体重に満足し、、さらに少食にしていく。。。。

これが、、、、後から問題になる原因となる。

 

・食べないダイエット

・運動しないダイエット

 

反動です!!!

 

そう、脂肪が減ったことで、、、女性ホルモンの分泌が止まった!!生理が来なくなってしまった・・のです。

 

母親も私の様子を見て、、あるはずの生理が無いことを心配して初産婦人科へ、、行きました。

 

医師からは、、何か心当たりは、、と聞かれ

ダイエットしたことを伝えました。

 

病気的なこともあるが、、特に痛みや変化がないことからホルモンを調整するお薬をもらって帰宅

 

飲み始めて1週間後無事生理がきた。。

 

けど、、、その後の生理周期はバラバラになってしまいました。

 

それから、、4年くらいは、、きたり、こなかったりが繰り返されていました。

 

食べないダイエットは良くないことと認識したのは

5、6年後でした。

 

20代成熟後 148センチ 43キロ ヨガ始める

 

高校時代のダイエットから、、水泳、スポーツジムと通ってはみましたが、、、自分には合わず、、続かず。。

遊びたいが全開な日々でした。。

たまに食べない日を相変わらず続けてはいましたね。。

太りたくないからですけど、、

 

でも、筋肉が減ってしまったおかげで体重よりも見た目の部分

今で言うボディメイクが全くできていないから、、、

スタイルがいいとは言えないボディ・・・

 

その時ある雑誌でヨガのポーズをしているマドンナの姿を見て

私こうなりたいと思ったことがきっかけで

 

まずは、母親が通っていた地域の公民館ヨガに行き始めました。

 

地域でのヨガは高齢者の方が多く、実際思い描いていた姿とは異なっていた。。その為、1時間かかるが名古屋のスタジオに通うことになったのです。

 

それから、毎週のように通いました。。

そして出会ったのが、アシュタンガヨガです。

かなりアクティブではありますが、、やっていくうちにボディラインが変わるのを感じましたね。

 

ただ、個々の骨格には違いがあり、クセもある為できないポーズもありました。。。

努力してもできないのもありますが、何が良いかと言うとマイソールスタイルと言って、黙々と一人でポーズを進めていくヨガスタイルなんです。

 

今まで続かなかったジムやプールが、、ヨガでは続いてしまったのです。

 

自分がやれる事見つかると続けれる、その環境がヨガにはあります。

 

ヒトには、五感と言われる感覚がありますが、ヨガではその五感を鍛えることができると思っています。

 

心身に影響を与えてくれたヨガは、昔のようにストイックにはできないですが、続けて行きたい私のスタイルです!

 


30代

 

週末のヨガ生活で、仕事もプライベートも心身共に安定!

 

ヨガをしていることで、ストレスを感じることはあまりない感じ

 

しかし、美容に良いとされるアーモンドを連日摂取していたら。。

 

なんと!!!顔にポツンポツンと赤い炎症が、、、、

 

かゆい、ジュクジュク

 

2.3カ月で3件くらい皮膚科に行きましたが、、、

 

治らず、、抗生剤を飲むことで多少治まりを感じましたが、、

 

かゆい、ジュクジュクする。。

 

かれこれ半年間悩み続けた結果

 

たまたま産婦人科で働いていたので、ホルモン剤にあたるピルを処方

 

してもらい飲み始める!

 

そしたらなんと!!!!

 

治った

 

3か月ほどできれいに治ったのです!

 

私が勝手に思うところ、、きっかけはアーモンド??!

 

連日摂取しすぎで、、アレルギー反応を発生させてた?!

疲労も重なり、免疫機能の低下を招いていたのではないでしょうか!

見えないストレスにより自律神経も低下していたのでは?

色々重なったことにより起こったアレルギーではないかと思っています

 

体は、危険を感じたらサインを出現させているのですよ!

 

30代でもまた摂取する事のバランスを身をもって教えていただきました