KIREI MAKE (キレイメイク)では、

 

心身共に健康でいられるように、

いつもキレイを続けたい人に、

日常でできる美ケアをアドバイスし、

自分自身できることを実践していく事

を目的に記事を書いております。

 


◇美を左右している血液

◯血液の役割は

 

水分を保ち

「女性は水分量が少ないと肌に影響ありますよね~」

「乾燥肌は、しわの原因に。。。」

届ける(酸素・栄養・ホルモン)

回収する(老廃物・二酸化炭素)

体温の維持調節

人のからだの60%~70%が水分、血液中では血漿の約9割が水といわれています。

栄養を全身に巡らせ体温調節を行い、生命活動に必要不可欠なもの

カラダを守る(免疫力)

細菌やウイルスと戦っている」

 

 

カラダの中を流れる血液の凄さ↓

血管を1本に繋げると約10万キロメートルの長さと言われています

 

実に地球の約2周半!

 

えっえー」

 

「想像がつかない距離ですね。。」

 

そして

心臓を出た血液は、1分間で全身の血管をめぐりまた心臓にかえっていく。

心臓から送り出された血液が体内を1周して戻ってくる時間は約1分

 

血液は私たちの生命線 

  

生命線でもある血液は

 

新しく生まれ変わるのに

「4ヶ月が目安」である事ご存知ですか?

 

血液は、赤血球が骨髄で生まれて全身をめぐり、

最後に脾臓(ひぞう)で壊されるまでが120日

 

血流を良くする時に大切なのが

「つくる・増やす・流す」の順番を守ることからです。

 

口の中でかみ砕かれた食べ物は

 

食道を通過し胃に入ってクリーム状になり

 

小腸に送られ、消化液と混ぜ合わされて消化

 

大部分は、小腸を通る間に吸収される

 

吸収された栄養素が血液にのって体内の細胞へ運ばれる

 

これがカラダの活力となり小腸から大腸に未消化の食べ物が

 

送り込まれ水分を吸収された後の残りが便として排出されます。

 

「便といえばデトックス!!」 腸セラピーへ→

 

ということは

 

胃腸の調子が良くないと、血をつくることができませんので、

まず食事の改善から取り組む事が大切なのです。

 

女性がキレイになるために

 

必要とされているコラーゲンも

 

飲むだけではダメなのです!

 

「飲むコラーゲンなど話題がありますが・・・」

 

コラーゲンは、一度胃腸でアミノ酸に分解されてから

 

体内で吸収、再合成される

 

ただ飲むだけではだめなのです!

 

この再合成の際に鉄が必要となります

 

鉄分の最大の貯蔵庫は血液です!

 

コラーゲンを飲んでも血が不足していれば

 

コラーゲンの再合成ができない!

 

規則正しい生活、

 

バランスの取れた食事が

 

キレイになるために必要なのです。

 

そして鉄分不足も冷えの原因に・・・

 

体内の鉄は、その約70%が血液中の赤血球をつくっている

ヘモグロビンの成分の一つ

約25%は肝臓で貯蔵されている

 

ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき

肺から体のすみずみまで運んでいます。

 

赤血球が少ないと、酸素を運ぶ力が弱くなることから

冷えなどを起こすそうですよ!

 

腸と水はこちら→

◇美の原点のこと

人は、60兆個の細胞で構成されできています。

 

ピークは25歳

 

25歳を過ぎると毎日10億個の細胞が減っているのだそう

 

「えぇー」ですよね。。。。

 

細胞の減少は、、、老化現象

 

その細胞をコントロールしているのは「DMA」

 

DNAは、紫外線やストレスから発生する活性酸素により損傷を受けているのです。

 

「呼吸だけでも活性酸素は発生してるんですよ」

 

またまた「えぇー」ですよね。。

 

活性酸素を撃退するのには、「抗酸化を高めるのがよい」

 

睡眠で抗酸化力を高めることもできる。こちら→

 

飲むことで老化のスピードを遅くしていくドリンク

 

リアンディーナを只今サロンでプレゼントしております

 

是非、試してみてください。問合せはこちら→

 

◇女性ホルモン

 

美容ホルモン↓

エストロゲンは最強の抗酸化物質

→最近では、幸せホルモンセロトニンは、エストロゲンと同じ動きをすると言われています。。

 

母のホルモンとも言われるプロゲステロンは、妊娠しやすいカラタを作り出産までまもる。

 

ただ、

60歳になるとほとんど全ての女性の卵巣から

出る女性ホルモンはゼロになるのです。

 

「えっ、抗酸化作用も減ということ、、ですよね」

 

他女性ホルモンの役割は、

・自律神経のバランスを整え

・皮膚の潤いや弾力を保っている

他血液、脳機能、骨を助けています。

 

「ふむふむ」

 

コントロールしているのは脳です!

脳の視床下部で分泌の指示をだしています。

ストレスの影響を強く受けてしまう場所でも

あります。

 

「ストレスは大敵ですね〜」

 

また、栄養不足や睡眠のしつかの低下などの異常を脳が感じると、、、

 

余裕がなくなりエストロゲンの分泌を止めてします。

 

美容ホルモンエストロゲンが届かないことで、、

 

「またまた、え〜ですぅ」

 

不調や老化のサインとなり、

 

負のスパイラルを招きます。 

 

減少は食い止められないけども

 

ゆっくりさせたり、不調に対応する方法はあります。

 

「やったぁ〜希望が!」

 

自身の生活を見直してみてください。

 

「はぁい、見直していきたい思います」

 

睡眠不足や不規則な生活から脱出

 

規則正しくです!

◇コラーゲンの役割

 

髪 → 髪をつくりだす毛母細胞の健康はコラーゲンが影響

 

皮膚 → 真皮の約70%はコラーゲン

 

目 → 角膜にコラーゲンが多く含まれる

 

歯 → 歯茎の約60%はコラーゲン、弾力とみずみずしさを保つ

 

血管 → コラーゲンが血管壁に柔軟性を与える

 

内臓 → 各臓器を保護している

 

骨 → 強くしなやかな骨をつくる

 

関節 → 軟骨はコラーゲンが主要成分

 

アキレス腱 → 80%がコラーゲンで骨と筋肉をつなぐ

 


◇気になる下肢静脈瘤


足のむくみ、だるいが発症のサイン

 

伏在型静脈瘤

→足の血管静脈が太くなりコブができる症状

不快感もあり進行していきます。

 

クモの巣状静脈瘤

赤紫色の血管がクモの巣のように透けて見える

見た感じ気になりますが、症状はでない。

 

足のこむら返り、むくみ、だるい、不快感、むずむず感、ふくらはぎのほてり、かゆみ、足が重いなど感じてませんか?

 

すでに上記に多く当てはまる方は病院などにいきましょう!

 

★こんな方は気をつけてください。

狭い場所であまり動かないで仕事をしている

長時間立ち仕事をしている

 

対策として

少しでも歩きまわる、こまめに休憩をとる

弾性ストッキング着用、足首回し

屈伸など適度に実施してください。

→予防方法

 

①ふくらはぎのマッサージ

・悪化の予防

・症状の改善

両手のひらで心臓に向かって摩ります。

寝る前や入浴時に2.3分、午後から夕方にかけて数回毎日行うと効果的です。

 

おすすめメニュー 下半身トリートメントこちら

 

②ふくらはぎ筋肉運動

・筋肉ポンプを鍛える事で循環をよくする

・水泳は、浮力と水圧によって循環をよくします。

ウォーキングやジョギングなど

椅子に座ってかかと上げ、つま先上げなど

 

③食生活

・ポリフェノールの摂取

静脈の病気によるむくみだるさ、痛みを軽減する作用がある。

赤ワインや緑茶、野菜(キャベツ)、果物(ミカン)、カカオマスなど



◇美容鍼 HARIRI

今話題の美容鍼!!!

 

なかなか高くて頻繁には行けない、鍼が痛くないか心配

 

通うのもなぁって思っていませんか?

 

手軽でできないかと思っている貴方!必見⬇︎クリック

 

セルフで鍼体験