· 

骨盤のゆがみ②


骨盤が傾くと、、


骨盤の上に乗っている内臓が傾いてお腹が出やすくなる


内臓が傾くと消化吸収の機能が低下しやすくなり、

内臓の温度が少し下がります。


すると内臓の周辺も一緒に温度が下がり

単純にお腹周りの脂肪が燃焼しにくくなる。


という事は


悪循環という事ですね。



因みに人の脂肪は15~22で溶けるが


痩せにくいのは脂肪細胞(白色脂肪細胞)


やセルライト(脂肪細胞にくっついた老廃物)が原因



そして傾いた状態では

身体の重心がズレて


X脚やO脚になってバランスを取ろうとする。


そうなると股関節に負担がかかり


股関節が出っ張っる&骨盤がつられてひらく


股関節がズレてくると


腸腰筋などの体幹部分の筋肉が


うまく使えなくなってきて


骨盤が開いてくると


呼吸すると動く仙骨

仙骨が動くから呼吸が出来る


開いた骨盤、

股関節についている筋肉に

引っ張られて動きにくくなり、

呼吸が浅くなって

脳に酸素が行き辛くなって

集中力の低下を引き起こす。


なるほど、


人のカラダに不要なものはないのですね。


備わっているものは全て連動しているのです。


自分自身を見つめメンテナンスを少しでもやる事が


美と健康の秘訣ですね!